口臭

口臭

自分では気づきにくい口の匂い。 最近妻や娘が話をしてくれない、同僚や友人が冷たくなった・・・。 それはもしかしたら、あなたの口臭が原因かもしれません。

やすの通販 > 口臭

口臭 原因

一口に口臭といっても、その原因は様々なものがあります。いくつかの原因が重なっている場合もあります。
口臭を失くすためには、まずその原因を特定しなければなりません。
以下、具体的な原因をいくつか挙げてみます。

「唾液の量が少ない」
唾液の量が少ないと、細菌が繁殖してしまい臭いの元となります。 口の中が乾燥するドライマウスという病気も、唾液の分泌量が少なくなります。
「虫歯・歯周病がある」
虫歯を治療していない、歯の詰め物が合っていない、と匂いが生じます。
「口の中が衛生的でない」
舌の表面についている、白っぽいもの。これは細菌や食べかすなどの集まりです。これも臭いの元になります。
「全身の病気」
糖尿病、腎臓病、胃潰瘍、などの病気になると、臭いが生じる場合があります。
「自臭症」
実際は臭くないのに、自分は臭いと思い込み悩んでいる状態のことをいいます。 先に述べた原因がないにもかかわらず、神経質になりすぎている、または以前に他人から臭いと言われた人が気にしすぎて悩んでしまっている状態です。
他にも、口呼吸・睡眠不足・食生活・便秘・アルコール・たばこなど原因は様々です。

 

口臭 予防

すでに述べた原因に当てはまるようならば、 それを失くすことで口臭を予防することが出来ます。
完全に失くすことは難しい場合もありますが、 少なくとも他人に気づかれないようにすることは十分に可能です。

「唾液の量を増やす」
簡単な方法としては、十分に水分を摂る・舌のコケを掃除する・噛む回数を増やす・ガムを噛む・梅干しを想像するなど。 日ごろの意識が大切ですね。
「口の中を衛生的にする」
これは歯磨きに尽きます。ただし、正しい歯磨きをしましょう。最近の歯科医では虫歯予防に力を入れているので、正しい歯の磨き方を指導してもらえます。
「定期的に歯科医で診てもらう」
早期発見・早期治療で、臭いを防止できます。
「自臭症の治療」
自臭症にかかる人は、気遣い・気配りの出来る人が多いそうです。 まず、口の臭いは誰にでも少なからずあるということを認識しましょう。 程度の問題なのです。
また、一時的に臭いが強くなる場合があります。 寝起き時、臭いの元となるものを食べたとき、ストレスがたまっているとき、疲労している・緊張しているときなど。 ですから、気にしすぎることはありません。 どうしても気になる方は、タブレットやガムなど常備するようにしてください。
準備していれば精神的に落ち着きます。

また「口臭チェッカー」というグッズがあるので試してみてください。 自分が思っているほど臭くないかもしれませんよ。

 

口臭 トップへ戻る

Copyright 2016 © やすの通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 通販市場
track feed 通販市場